新着情報

過去のお知らせ

recommend

recommend

recommend

search this site.

mobile

qrcode

ワイン王国の紙上テイスティングでタラパカスパークリングが高得点!

ワイン王国(2016年1月号)の特集、【5ツ星探求 ブラインド・テイスティング 1000円台で見つけた

「年末年始 華やぐスパークリングワイン」】にて、タラパカ スパークリング ブリュットが、4.5の高得点を獲得しました。

 

ワイン王国(2016年1月号)

 

 

 

 

ヴィノテーク2013年7月号にタラパカスパークリングブリュットが掲載されました

 ヴィノテーク2013年7月号にタラパカスパークリングブリュットが掲載されました


<ヴィノテーク No.404>
特集:泡涼やかなスパークリングに恋する夏。
田崎真也氏のティスティングコメントもあります。

田崎真也が唎く 世界のスパークリングワイン59種唎
Maruques de Chive Brut Cava
グリーンがかった淡い色調。気泡は生き生きとしている。香りは華やかで、ライムなどのかんきつ類のコンポートやスイカズラの花、セルフィユのようなハーブ、ミネラル香、ほのかにパンの香りなどが調和。まろやかな果実味に泡の刺激やなめらかで、酸味とのバランスがよく、余韻にミネラル感を残す。
生の夏牡蠣など。

VT brut


 

ヴィノテーク2012年10月号にタラパカ グランレゼルバ ブラックラベルが掲載されました。

 ヴィノテーク2012年10月号にタラパカ グランレゼルバ ブラックラベルが掲載されました。

特集「ニューワールド・プレミアムワイン特集」のページです。


タラパカ ブラックラベル2010

田崎真也さんのテイスティングコメントはこちら。

田崎真也が利く ニューワールド・プレミアムワイン44種
タラパカ グランレゼルバ カベルネソーヴィニヨン  ブラックラベル 2010
色調は紫がかった濃いガーネット。香りは華やかさ を含み、カシスやブラックチェリーのリキュールやコンポート、すみれの花に、ユーカリを含む樹脂やオリエンタルスパイス、ロースト香、鉄のようなミネラル 香などが調和。味わいはまろやかでふくよかな果実味から、広がりはバランスがよく、豊かなタンニンはなめらかに溶け込んでいる。
  相性のよい料理: 骨付きラム背肉ローストなど。
  出典:Vinoteque 395号


Vinoteque201210 

ワインと食とsakeと ヴィノテーク 第395号

2012.10発行

 

 

ヴィノテーク2012年7月号にタラパカスパークリングブリュットが掲載されました

ヴィノテーク2012年7月号にタラパカスパークリングブリュットが掲載されました
燦めく世界のスパークリングワインのタイトルの特集記事内です。

VT brut
田崎真也氏テイスティングコメントのコメントもあります。

田崎真也が利く世界のスパークリングワイン63種
グリーン・グレーがかった透明感のある色調。
気泡は生き生きとしている。香りは華やかで、グレープフルーツや白桃のコンポートに、金木犀やオレンジの花、ミネラル、ほのかなナッツなどの香りが調和。柔らかな果実味から、広がりではバランスのよさがかんじられ、泡の刺激はなめらかさと爽やかさを与える。
料理:ホワイトアスパラガスのサラダなど


Vinoteque201108 

ワインと食とsakeと ヴィノテーク 第392号

2012.07発行

 

ヴィノテーク2012年6月号にタラパカグラン レゼルバ ソーヴィニヨンブランが掲載されました

ヴィノテーク2012年6月号にタラパカグラン レゼルバ ソーヴィニヨンブランが掲載されました
特集「初夏に爽やかな白ワイン、初夏に選ばれる白ワイン」のページです。


VT GR SB2010

田崎真也さんのテイスティングコメントもあります。

●田崎真也が利く初夏に爽やかな白ワイン42種
色調はグリーンがかった淡いイエロー。香りは強く華やかで、ライムや具あヴぁのような果実香に、ジャスミンの花、レモングラスや木の芽、火打ち石のようなミネラル香、ほのかに蜜蝋やグリーンペッパーの香りが調和する。味わいはアタックからしっかりとした酸味が広がり、後半にミネラル感とともに余韻にも長くシャープな印象が残る。
料理:ピストゥーソース(ハーブのソース)を添えたサーモンのワイン蒸しなど


Vinoteque201108 

ワインと食とsakeと ヴィノテーク 第391号

2012.06発行

 

ヴィノテーク2012年1月号にタラパカ グランレゼルバ カルメネールが掲載されました

ヴィノテーク2012年1月号にタラパカ グランレゼルバ カルメネールが掲載されました。
巻頭特集、「ワインのトレンドを創ろう!2012・be a trendsetterなワインたち」に登場です。

VT GR CR

田崎真也氏テイスティングコメントも合わせてチェック。

●田崎真也が利く be a trendsetter なワイン28種
色調は紫を帯びた非常に濃いガーネット。香りも凝縮感があり、ブラックベリーのリキュールやすみれの花のエッセンス、ユーカリオイルのような樹脂、 メントール系の香りに黒こしょうを含むスパイス、ビターチョコ、ヴァニラなどの香りが調和。味わいは豊かな印象のアタックから、広がりは酸味とのバランス がよくタンニンもなめらかで、アフターにはフレッシュ感が続く。


Vinoteque201108 

ワインと食とsakeと ヴィノテーク 第386号

2012.01発行


 

『ワイン王国Vol.64』にタラパカスパークリングブリュットが掲載されました

 
  『ワイン王国Vol.64』
2011年8月5日発売
http://www.winekingdom.co.jp/
 
「1000円台で見つけたお値打ちスパークリングワイン32本」で三つ星ワインに選ばれています。

 

ヴィノテーク8月号にタラパカスパークリングブリュットが掲載されました

ヴィノテーク8月号のスパークリング特集、「凛としてスパークリング嗜む夏」で、タラパカ スパークリング ブリュット 2009が掲載されています。

昨今注目を浴びつつあるカサブランカヴァレーで、手摘みで収穫される良質のシャルドネを主体に、ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブランをブレンドしています。シャンパーニュ地方から取り寄せる酵母を使用して作られています。

フルーティでフレッシュな味わい、コストパフォーマンスにも優れています。

以下、田崎真也氏のテイスティングコメントです。


Tarapaca Sparkling Brut 2009
タラパカ スパークリング ブリュット 2009
淡く明るいピンクを帯びたトパーズ色。気泡は細やか。香りは華やかで、グレープフルーツのコンポートや白い花にグアヴァの香りが調和。グリーンの葉や白いスパイスなどの香りもほのかに感じられる。味わいは、まろやかで柔らかなアタックから、広がりはバランスがよくなめらか。アフターにも泡の刺激によるなめらかさと、ドライな印象がある。
「田崎真也が利く世界のスパークリングワイン24種」より
  
ヴィノテーク・ワイン・バイイング・ガイド田崎真也セレクション
LTSB●レオン デ タラパカ ソーヴィニヨンブラン
ビーニャ・タラパカは1874年、マイポ・ヴァレーに興された歴史あるワイナリー。2008年以降はチリ第二のワイングループ、ビーニャ・サンペドロ・タラパカの傘下にある。三方を山に囲まれ、マイポ川が流れる北側だけを開く2600haの敷地のうち、650haに葡萄畑を開墾、16種の葡萄を栽培する(2010年11月号参照)。当ワインの色調はグリーンがかった淡いイエロー。華やかな香りは品種の個性も明快に表現していて、グレープフルーツやライム、グアヴァのような果実香に、ジャスミンの花、木の芽やグリーントマト、バジル様の香りが調和。味わいのアタックは柔らかくまろやか。広がりはバランスがよく、アフターはフレッシュ。コストパフォーマンスの高さも評価したい。


●タラパカ グランレゼルバ ブラックラベル 2009
(グラン・レセルバ・エティケタ・ネグラ)

タラパカでは2007年から、ビーニャ・エラスリスで醸造責任者を務めたエドワード・フラハーティを起用。ブラック・ラベル(エティケタ・ネグラ) では、アルト・マイポやコースタル・マイポ地区のカベルネ・ソーヴィニヨン81%に、プティ・ヴェルド9、カベルネ・フラン5 、シラー5%をブレンドした。16カ月の熟成にはアメリカとフランス産のオーク樽(新樽を含む)を併用。

 紫がかった濃いガーネット色。香りは凝縮感を含み、ブラックチェリーやブラックベリーのコンポートやすみれの花に、スパイスやメントール系の香り、樹脂、ほのかな土などの香りが調和。まろやかで膨らみのある味わい。アフターにもスパイシーなタンニンが広がり、酸味はエレガントさを与えてい る。(ヴィノテーク 2011年8月号)


Vinoteque201108 

ワインと食とsakeと ヴィノテーク 第381号

2011.08発行

ビーニャ・タラパカ・グラン・レゼルバ・シャルドネ[16.5/20点]獲得!
YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

料理王国7月号に掲載されました。

 『料理王国』2011年7月号にビニャ・タラパカ グランレゼルバ カベルネソービニヨンとシャルドネが掲載されました。

p102の 『料理王国』ACADEMYに掲載。

 『料理王国』ACADEMYサロンでは、レンタルスペースとして食関連のさまざまなイベントが開催されていますが、こちらのサロンでビニャ・タラパカ グランレゼルバシャルドネ2009とビニャ・タラパカ グランレゼルバ カベルネ・ソーヴィニヨン2009を今月のワインとしてご紹介いただいています。

試飲期間: 2011年6月6日(月)〜7月5日(火)

書籍名: 『料理王国』 2011年7月号
発行所:株式会社アビーハウス
発売:6月6日

130年以上の伝統を受け継ぎながら現代的でエレガント、南米チリの代表的なワイナリー、ビニャ・タラパカ グランレゼルバの味をより多くの方に親しんでいただければ幸いです。
ご紹介いただいた 『料理王国』ACADEMYサロンさんには、この場をお借りして感謝いたします。

 

ヴィノテーク6月号「自然に選ばれたチリワイン」に掲載されました

ヴィノテーク6月号は「自然に選ばれたチリワイン」、チリワイン特集です。
 
コストパフォーマンスに優れているだけではないチリワインの魅力、また「サスティナビリティ」に重点をおいたワインズ・オブ・チリの取り組みについてもたっぷりと語られています。

ビニャ・タラパカ グランレゼルバ シャルドネとカベルネソービニヨンが掲載されています。田崎真也氏のテイスティングコメントも頂きました。


Tarapaca Gran Reserva Chardonnay 2009 

全体に黄金色がかった濃いめのイエロー。香りは芳醇で、黄桃、熟した黄色いりんご、パイナップル、マンゴーなどのコンポートやコンフィに、金木犀の花や蜂蜜、バタースコッチ、ビスケット、ヴァニラ、ココナッツ、ブリオッシュなどの香りが調和。豊かな果実味が広がり、ふくよかでバランスがよく、まろやかさが余韻まで持続する。 

料理:ホワイトソースとチーズを使ったグラタンなど


Tarapaca Gran Reserva Cabernet Sauvignon 2009 

色調は紫がかった濃いガーネット。香りは華やかで、ブルーベリーやブラックベリーのコンポートにすみれの花の香り。加えて、スパイスやスモーク香、ほのかな土などの香りが調和。まろやかで膨らみのある果実味から、緻密でなめらかに溶け込んだタンニンが広がる。アフターにはエレガントさを与える酸味を感じる。料理:牛ハラミ肉のステーキなど。


ワインと食とsakeと ヴィノテーク 第379号

2011.06発行

ビーニャ・タラパカ・グラン・レゼルバ・シャルドネ[16.5/20点]獲得!
YOMIURI ONLINE(読売新聞)