新着情報

過去のお知らせ

recommend

recommend

recommend

search this site.

mobile

qrcode

高品質ワインが生まれる秘密

ビニャ・タラパカの歴史 
1874年、チリの有名な実業家であったドン・フランシスコ・デ・ロハスが、「ビニャ・ロハス」として、アンデスの丘陵地帯のブドウ畑で栽培を始めたのがビニャ・タラパカの起源です。フランシスコは、フランスから苗木を輸入し、ワイン造りを始めました。 その後、いく度かの買収や合併を経た後、2008年には、サンペドロ社と合弁しました。社名をビニャ・サン・ペドロ・タラパカ社(VSPT)とし、ヨーロッパ各国を始め世界50カ国以上へ輸出する、国内第2位のワインメーカーとなりました。
2011年には、副社長のレネ・アラネダが、85社が加盟する生産者団体、ワインズ・オブ・チリの会長に就任するなど、チリワイン業界を牽引するワイナリーです。 

高品質ワインが生まれる秘密 
気候と土壌
ビニャ・タラパカのワインは、マイポヴァレーを始め、カサブランカヴァレー、レイダヴァレーの3つの土地から生みだされます。


 マイポヴァレー 
温暖な地中海性気候で、降水量が極めて少ない乾燥した長い夏、豊富な日照量、また太平洋とアンデス山脈から吹く冷涼な風による昼夜の気温差が非常に大きいことから、酸と糖分のバランスの良い、良質なブドウが栽培されます。 土壌は火山性の小石が入り混じり、有機成分が多く水はけが良く、高品質のブドウを栽培するのに非常に最適な土地です。 周囲を山と川に囲まれたすり鉢状の地形となっており、その中に多様な気候条件、変化に富んだ土壌が混在しており、気候、土壌、水分の計測を綿密に実施した上で、各区画ごとに最適な品種を多数栽培しています。 

カサブランカヴァレー 
冷涼な気候により、ブドウが時間をかけて熟成するため、酸と糖分のバランスがよく、卓越した香りを持つワインが生まれます。 

レイダヴァレー 
大西洋近くに位置し、春から夏にかけて気温が低いことから、シャルドネやソーヴィニヨンブランに適した土地となっています。 

醸造チーム 
35名の醸造家からなるプロフェッショナルな醸造チームを有し、最新設備、ヨーロッパの第一線で活躍していた技術者の技量を駆使することで、特に木樽を使用した長期熟成の高品質ワイン製造に長けています。  また、卓越した手腕で、パーカーポイントメーカーの異名をとるポール・ホッブス氏がコンサルタントを勤めています。

 

ビニャ・タラパカ、VSPTグループの持続可能な環境づくりへ主な取り組み

サスティナブルな環境づくりへの取り組み

ビニャ・タラパカでは、2006年より、チリ政府提唱の(Clean Production Agreement)に参加し、環境に配慮したワイン造りを実践しています。

・ 品質管理制度ISO9001取得 
・ 環境マネジメントシステムISO14001取得 
・ 労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001取得 
・ BRC(British Retail Consortium)認証 
・ IFS(International Food and Standard)認証 

 

● VSPTグループの持続可能な環境づくりへ主な取り組み
・ エネルギー効率改善し、CO2削減を目指す継続的な投資 
・ 一部工場内での水消費量25%削減への3カ年計画
・ 輸出用ボトルの14%軽量化
・ チリ原産種による再森林化活動
・ マイポヴァレーにおける生物多様性保全活動
・ グループ傘下のワイナリーは、2006年よりVCTA(クリーンな葡萄栽培を目指す協定)会員 ・ サスティナブル(持続可能な)環境作り目指す360°Sustainableの活動 

VSPTが提唱する360°Sustainableとは 顧客および従業員やその家族、ワイン造りに関わる全ての人たち一体となり、現在の取り組みを通じて、より良い環境を次の世代に残していく活動。企業を取り巻く社会/環境のあらゆる側面でのサスティナブル(持続可能な)環境を形成していくことを目指しています。

 

料理王国7月号に掲載されました。

 『料理王国』2011年7月号にビニャ・タラパカ グランレゼルバ カベルネソービニヨンとシャルドネが掲載されました。

p102の 『料理王国』ACADEMYに掲載。

 『料理王国』ACADEMYサロンでは、レンタルスペースとして食関連のさまざまなイベントが開催されていますが、こちらのサロンでビニャ・タラパカ グランレゼルバシャルドネ2009とビニャ・タラパカ グランレゼルバ カベルネ・ソーヴィニヨン2009を今月のワインとしてご紹介いただいています。

試飲期間: 2011年6月6日(月)〜7月5日(火)

書籍名: 『料理王国』 2011年7月号
発行所:株式会社アビーハウス
発売:6月6日

130年以上の伝統を受け継ぎながら現代的でエレガント、南米チリの代表的なワイナリー、ビニャ・タラパカ グランレゼルバの味をより多くの方に親しんでいただければ幸いです。
ご紹介いただいた 『料理王国』ACADEMYサロンさんには、この場をお借りして感謝いたします。

 

ヴィノテーク6月号「自然に選ばれたチリワイン」に掲載されました

ヴィノテーク6月号は「自然に選ばれたチリワイン」、チリワイン特集です。
 
コストパフォーマンスに優れているだけではないチリワインの魅力、また「サスティナビリティ」に重点をおいたワインズ・オブ・チリの取り組みについてもたっぷりと語られています。

ビニャ・タラパカ グランレゼルバ シャルドネとカベルネソービニヨンが掲載されています。田崎真也氏のテイスティングコメントも頂きました。


Tarapaca Gran Reserva Chardonnay 2009 

全体に黄金色がかった濃いめのイエロー。香りは芳醇で、黄桃、熟した黄色いりんご、パイナップル、マンゴーなどのコンポートやコンフィに、金木犀の花や蜂蜜、バタースコッチ、ビスケット、ヴァニラ、ココナッツ、ブリオッシュなどの香りが調和。豊かな果実味が広がり、ふくよかでバランスがよく、まろやかさが余韻まで持続する。 

料理:ホワイトソースとチーズを使ったグラタンなど


Tarapaca Gran Reserva Cabernet Sauvignon 2009 

色調は紫がかった濃いガーネット。香りは華やかで、ブルーベリーやブラックベリーのコンポートにすみれの花の香り。加えて、スパイスやスモーク香、ほのかな土などの香りが調和。まろやかで膨らみのある果実味から、緻密でなめらかに溶け込んだタンニンが広がる。アフターにはエレガントさを与える酸味を感じる。料理:牛ハラミ肉のステーキなど。


ワインと食とsakeと ヴィノテーク 第379号

2011.06発行

ビーニャ・タラパカ・グラン・レゼルバ・シャルドネ[16.5/20点]獲得!
YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

チリ、ニューワールドの食と旅2011

ヴィニャ タラパカは、6月28日(火)、チリ、ニューワールドの食と旅2011 に出展致します。
デザインリニューアルをしたばかりのタラパカ社のワインを皆様にご紹介いたします。

チリ、ニューワールドの食と旅2011
ワイン・オリーブオイル・観光セミナー&テイスティングイベント

日 時: 2011年6月28日(火) 13:00〜19:00
場 所: 椿山荘   プラザ棟   4F ジュピター(展示会)  ネプチューン(セミナー)
〈所在地〉 〒112-8680 東京都文京区関口 2-10-8

最寄駅:東京メトロ 有楽町線「江戸川橋」下車 1a 出口より徒歩約10 分
参加費:無料 (要事前予約)

展示会:13:00 〜 18:30
予定出展企業数:ワインインポーター、オリーブオイルインポーター、ワイン・グルメ雑誌出版社、チリのツアーオペレーター等 計約42社

セミナー:各回限定100名様
各セクターのエキスパートの方にチリの最新事情についてお話いただきます。
★13:00〜14:00 オリーブオイル / 鈴木 俊久氏
(日清オイリオグループ株式会社 オリーブオイル・テイスティング・パネル・スーパーバイザー)
★ 14:30〜15:30 ワイン / 蛯沢 登茂子氏(雑誌ヴィノテーク  シニア・エディター)
★ 16:00〜17:00 観 光 /Rafael Cumsille氏 (チリのツアーオペレーターTuravion社マーケティング担当)

詳細はこちら>>>

主催:ProChile (チリ外務省輸出振興局) 駐日チリ共和国大使館商務部
後援:Chileoliva(チリオリーブオイル生産者協会) Wines of Chile(ワインズオブチリ) 米州開発銀行アジア事務所


お申し込みお問合せ先

駐日チリ共和国大使館 商務部
〒105-0014 東京都港区芝3−1−14 日本生命赤羽橋ビル7F
Tel:03(3769)0551 Fax:03(3769)4156 Mail: oficom@chile.or.jp